おそらくただの独り言

プログラミングのこととかチラ裏的なこととかをたまに書き綴るブログっていうか作業メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Linuxでradiko予約録音

http://radiko.jp/v2/api/program/today?area_id=JP13
http://radiko.jp/v2/api/program/tomorrow?area_id=JP13
のようにするとradiko番組表のxmlが取得できるのを今更知ったので、phpで番組タイトルを検索して予約するスクリプトを書いてみた。
phpもxmlもあまりわからないのでおかしいところがあるかもしれないがとりあえず動いたのでよしとする。
radikoを録音するスクリプトはYama's Memorandumから頂いたものを少し編集した。
以下のファイルを同じディレクトリ(/hoge/radiko)に置いて各種ツールのパスを書きなおしてあげればきっと使えるはず。


radiko_reserve.phpを実行するとatコマンドで予約録音する。
cronに登録しておけばきっと勝手に録音されている、そう信じたい。



ちなみに、radiko_rec.shの最後の方で、iTunesにPodcastとして認識させるため、以下のことをしている。
radikoを録音したflvファイルはiTunesだと再生時間がおかしなことになる。
そのため、ffmpegとMP4Boxを使いiTunesでも正常に読み込めるようにする。

ffmpeg -i hoge.flv -acodec copy hoge.aac
MP4Box -sbr -add hoge.aac -new hoge.m4a

さらにneroAacTagでタグを付加してiTunesでPodcastとして認識するようにする。

neroAacTag -meta:"album=アルバム" -meta:"artist=アーティスト" -meta:"genre=ラジオ" -meta-user:"itunespodcast=1" -meta:"title=タイトル" "hoge.m4a"

更新履歴
  • 2013/02/16
    • 番組表データの取得に失敗することが多かったのでリトライするようにした。
スポンサーサイト
[ 2013/02/10 23:33 ] エンコード | TB(0) | CM(0)

アニメエンコード時60iテロップの処理(暫定的)

最近はアニメのエンコードにハマり出しまして、aviutlの勉強をしてます。

ちなみにVista機は非力すぎるので、g6950搭載のCentOSからwine経由してx264guiを使用してます。(g6950もエンコするには非力なんですが^^;)

それで今までは自動フィールドシフトを使ってインタレ解除してたわけなんですが、途中のテロップがすごくカクカクになってしまうんですね。

なぜなのかなーと思って調べたらどうやらアニメ自体は24fpsで作られててもテロップは後付で60iになってるらしいのです。

まぁテロップが入ってる時間は短いし見ないことにすれば楽なんですが、今回はなんとか対処しようと思います。

色々調べた結果、以下の方法で対処できそうです。


(1) インタレ解除しない

(2) 全体を60fps化

(3) 60iテロップ部分だけ60fps化



リサイズしないなら(1)が一番楽な気がしますがなんとなく1280x720に変換したいので却下。

(2)は再生不可やらサイズやら考えてとりあえず後回しに。

ということで今回は一番めんどくさそうな(3)に挑戦して見ました。

60iテロップ部分とその他部分を別々にエンコードして後で結合する感じです。

以下がその手順です。


1. DGindexでTSファイルからd2v、wav作成

2. faad.exeでwavをaacに変換する

3. aviutlでd2v、aacを読み込んでCMカットする。

4. 音声は後でmuxするのでまずwav出力。

5. 60iテロップが含まれない部分をインタレ解除を自動フィールドシフトにしてエンコード。

6. 60fps読み込みをし、60iテロップ部分をインタレ解除を自動にしてエンコード。

7. 4で作成したwavファイルを適当にエンコード。(私はneroAacEncで128kbpsのaacにしてます)

8. 5~7で作成したmp4とaacをMP4Boxを使ってmuxして完成!!
(ちなみにコマンドはこんな感じ MP4Box -add test-1.mp4 -cat test-2.mp4 -cat test-3.mp4 -add test.aac -new test.mp4)

とまぁ、こんな流れですかね。

音声を最後にくっつけるんで音ズレやら音飛びやらは多分大丈夫だと思います。

実際に見てみても60iテロップ部分は滑らかに動くしテロップ部分とその前後の結合部分で特に違和感は有りませんでした。

とりあえずやってみた感じなのでもっと楽な方法もあると思います。
[ 2012/01/09 16:17 ] エンコード | TB(0) | CM(0)
プロフィール

賭無損(とむそん)

Author:賭無損(とむそん)
・Lenovo TS130
Xeon E3-1225
Windows Server 2008 R2

・NEC Express5800/S70 RB
Pentium G6950
CentOS 5.5

その他ノートPC

安鯖見るとついつい買いたくなってしまいます…

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
容量
KB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。